来年度の目標

ある男の話をしよう。

 

その男は中学時代、友達はいなかった。

小学校を卒業し、中学校に入るまでの春休み、その男は読書にハマった。

最初は「走れ!T高バスケット部」という本が死ぬほど面白くて1日中読んでいた。

その後は東野圭吾や盛見登美彦、有川浩にハマった。

中学に入学してからも休み時間をさきずっと読んでいた。

 

気づいたらクラスに友達などはいなかった。

野球部では、先輩や先生の従順な子犬をやっていたら同級生からはハブられてた。

 

中学2年生になるとアニメにハマった。

アニメを通じて、2人友達が出来た。

向こうはどうだかわかんないがある男は友達だと思っている。

 

高校は地元の中学のやつらは誰も進学しない公立高校を選んだ。

 

いざ、高校に入学した。

中学の二の舞にならないように友達を作ろうとしたが結果、1人も出来なかった。

 

ある男の高校は、各中学の陰キャラ、コミュ障や根暗の集まり。

さすが底辺学校。

 

友達を作るチャンスの校外学習。

バスの隣の席は誰も座らなかった。

水族館に行き。ある男は4時間1人でイルカのショーを見ていた。

 

ここでぼっち完全体に進化した。

 

 

もと、陰キャラのゴミ共もちゃんと、時間が経つとスクールカーストを形成し、1軍風情の大声でしゃべれば面白いと思ってる変なカラスにつつかれて、飛び出した生ゴミのようなやつらが誕生する。

 

そういう、生ゴミは暇そうなぼっちをターゲットし、話をかけてくる。

そういうやつらは決まってこういう。

 

「お前、乃木坂好きなの?誰推しだよ?」

 

僕はこう答える

 

「あっ、はい、一応好きです。推しは山崎怜奈ちゃんです……」

 

山崎怜奈?知らねーな。あんまり人気ないやつだろ?」

 

「人気ないというか…一応アンダーですね。」

 

「ふーん。乃木坂ってAKBより可愛いよな。なんであんなにAKBブスなんだろうな?」

 

「いや、知らないです。」

 

「あっそ。それじゃ」

 

 

黙れ。殺すぞ。

 

AKBも乃木坂も知らないクセにごちゃごちゃいうな。

コンビニ行っておでんでもツンツンしてろ。

 

 

来年はこんな奴らに絡まれないように友達を作りたいです。

 

クラス替えが成功しますように。

 

 

あ、これ俺じゃねーから、ある男の話だから。

ライブ

いざ、ライブの感想を書いてみようとしてもなんて書けばいいかよくわかんない。

 

みいちゃん葵ちゃんの影アナから始まってそんなに近いわけじゃなかったけどメンバーのパフォーマンスに釘付けで気づいてたら終わってた感じ。

 

僕が久美さんを意識してから初めて生の久美さんを見れるイベント。チケットが当選した日からソワソワしてた。<br>ユニット曲が流れるところも“ひらがなちゃん”はいつ来るのだろうとずっとソワソワしてた。

 

ソワソワしながらライブ見てたらねるちゃんゾーン。そろそろかな?とか思ってたら本当にきた。

恥ずかしいからあんま言いたくは無いけどモニターで久美さんが映って見たとき目から涙がこぼれた。

 

久美さんがしっかりパフォーマンスしていることに安心して涙が出た。今日は久美さんのパフォーマンスを見れるんだ!っていう嬉しさの涙でもあった。

 

僕が前に応援していた9人組のグループがあった。一番ノリに乗ってる時に一人のメンバーが先天性のケガがあってなかなかステージに上がれない状況だった。

9人だとすごく良いけど8人だとあんましっくりこない。みんなそう思ってたと思う。

でも、焦って悪化して欲しくはないし僕はどうしようもなく歯がゆい想いがあった。

 

そんなことがあったら久美さんがライブに参加してくれるそれだけで嬉しかった。

 

MCでは立派にあれだけのお客さんの前で堂々と喋っていた。僕は泣いてて何を話してたかはサッパリ覚えてない。これぞまさしく本末転倒。

 

ひらがなけやきのダンスシーン。久美さんはバレエを織りまぜてやっていた。<br><br><a

 

11月20日の久美さんのブログにこんな事が書いてある。

 

「バレエは言葉を使わずに気持ちを踊りで相手に伝えます。

踊りで物語が進んで行きます。

振り付けは、気持ちあっての動きだと思うと本当に奥が深いし本当にバレエって素敵です。」

 

ハッキリ言って素人の僕では彼女のダンスに物語があったのかは全くわからない。ただ踊っていただけかもしれない。

でも僕は「私はここにいるよ。私を見て」と言っているように感じた。

そう。あくまで僕が勝手に思っただけの勘違い。でも、それは受信者の自由だから勝手に思っておく。

そんな決意の見えたダンス。本当にカッコよかった。

 

 

僕はクリスマスライブを見ててすごく楽しかったしあの場に入れてすごく良かったと思う。

 

久美さんのパフォーマンスが見れて本当に良かった。

 

シコって寝ます。おやすみ

思い出

僕が初めてプロ野球の試合を見に行ったのは小学校2年生の時の夏休み。父親と祖父と応援している阪神タイガースの試合を見に東京ドームに行った。

あの時のことは強く覚えてる。

最寄りの駅から総武線に乗り水道橋まで行き、少し歩いて東京ドームに着いた。
初めての回る扉に興奮した。

始めてみたプロのグランド。
自分の想像していたグランドより遥かにデカいことに驚き。こんなところじゃホームランなんか誰も打てないよ……と思っていたらバコバコスタンドに球を入れる桜井に驚き……と、全てのことに驚いたことを今でも鮮明に覚えてる。

祖父から買ってもらった阪神の帽子を被り、赤星や鳥谷、金本の応援歌や六甲おろしを必死に歌い応援した。

10回の表に金本が勝ち越しのツーランホームランを打って、球児が3人でピシャリと抑えた。最後にはグランドで輝く選手たちがとてもかっこよく、涙を流したことまで覚えてる。

この時に感じた「満足」は8年たった今でも色褪せることなく僕の思い出として輝いてる。


先日、ひらがなけやきのおもてなし会の映像が放送された。

ひらがなけやきのおもてなし会には色々な事があった。(と勝手に思ってる)

メンバー自ら手渡しでチケットを売ってくれるというイベントが行われることになったが、オタクのマナーが悪いと、仏様のような素晴らしい行いを重ねてきたであろうオタクたちがマナーの悪いオタクを叩き、晒し、炎上させた。
僕はツイカスなのでTwitterにはそのイベントに行こうとしていた全オタクを叩く声が上がったりした。

そんな中僕はこんな声を見つけた。

「500円で得られるのは一時の満足と風評被害

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は放送された、おもてなし会の映像を見た。
推し補正かわからないけどすごく良かったと思う。
メンバー12人が一致団結し、この日のために何回も何回も練習を重ね。
時には辛いことや悔しくて泣いてしまうこともあったと思う。
それでも他のメンバーが支え励まし頑張ってきた。
そうやって手を取りながら12人で歩いた結果、あのパフォーマンスができたと思う。

もし、僕があの現場に行けていたら、一時の満足なんかでは終わらなかったと思う。初めての東京ドームのように、あの時感じた空気感、ドキドキやワクワク、最後には感動し心の底から楽しめたと思う。
5年後、10年後20年後も色褪せることのない「思い出」に変わっていくと思った。


正直、不安でもあった。あのイベントを含め欅のファンは民度が悪いと仏から叩かれ、本当に風評被害だけが残るのではないか。
初めての大きな舞台に呑まれ僕たちの期待を越えることは出来ずに本当に一時の満足で終わってしまうのではないか……と色んな不安があった。

でも、そんな不安を遥かに上回るパフォーマンスを見せてくれた。心を揺さぶるような。


僕はこれからも佐々木久美さんをはじめ、ひらがなけやきを応援していく。

僕は彼女たちと新しい思い出を沢山作っていきたい。

幸せ

 

 

「幸せ」ってなんだろう。


幸せは10人いたら10通りの幸せがあると思う。


僕の幸せは面白いことを触れている時だと思う。ラジオ、漫才、コント、テレビ番組、Twitterなど、コイツら面白いなぁ~と思う時が幸せだ。


自分の幸せついては少しづつわかってきた。

でも最近他人の幸せについて考える余裕も出来てきた。


例えば僕の推してる“ひらがなけやき”の佐々木久美さん。


久美さんの幸せってなんだろう。

みんなでわちゃわちゃ楽しくやってるときかな?

自分たちの出したCDがいっぱい売れた時かな?

自分の握手券が完売になった時かな?

ラーメン部として美味しいラーメンを食べてる時かな?

ファンの方からのファンレターを読む時かな?


でもこれ、佐々木久美の幸せではなく“ひらがなけやき”としての佐々木久美の幸せだ。

では、佐々木久美としての幸せはなんだろう。

欲しいものが買えた時かな?

ダイエットが成功した時かな?

素敵な人に出会えたときかな?

その人のことを思って寝れない時かな?

夢で逢えたときかな?

素敵な人と一つになれることかな?

素敵な人と家庭を築くことかな?

自分たちの子を授かることかな?

自分たちの子が自分の足で立てるようになったときかな?

孫を抱いたときかな?

笑って一生を終えることかな?

 

考えたって久美さんの幸せが一体何なのかはわからない。

こう、色々考えて僕の幸せは冒頭に書いたのとは違うと思う。

僕の幸せは久美さんが幸せになるための過程に少しでも関われたらいいと思ってる。もちろん、久美さんの思う素敵な人になれたらいいなぁとは思う。
でも、無理な願いだろう。

久美さんが幸せになるための物語のメインキャラクターになりたいわけじゃない。ほんのひとコマの見切れたキャラでもいい。

こんな僕のエゴで久美さんの人生が汚れるなら、こんなエゴは簡単に捨てる決心もついてる。

久美さんに幸せになって欲しいと願う午前4時半

久美さんの未来に幸あれ。


※11月21日午前4時半に書いたものです。
アカウントが違ったのでこちらに移しました。

久美さん


f:id:wonder_mayo46:20161225091618j:image

僕は最初、このメールが送られてきたら
「クッソwwww 外れたンゴ 久美さんすちすちパワーが足りなかったわwwwww」
とか言えるもんだと思ってました。
もっとネタに出来るもんだと思ってました。

この悲しさを紛らわせる為に初めてブログを書きます。 読みづらいと思いますが、僕の処女作なので多めに見ていただけたらいいなと思います。


f:id:wonder_mayo46:20161225091635j:image

佐々木久美。 1996年1月22日生まれ。 千葉県出身。

まず、なぜ僕が久美さんを好きになったのかから始めます。


僕は最初、ネタとして久美さん久美さん言ってました。 「まだ誰も知らないひらがなけやきを推してる俺かっこよくね?www」というクソすぎる理由でした。
12人いるひらがなけやきのなかで久美さんを選んだのは顔が一番好みだったらからです。

最初は勢いでやってましたが、だんだんと冷静になってきて「あれ?久美さんをなんも知らないのにしったかぶって好きと言ってる俺クソじゃね?」と思い始めました。
普通ならここで手を引くと思いますが、久美さん久美さんと言ってる時に久美さんの画像をひたらすら見続けました。 そんなことをしてるうちにひとつ思うことがありました。

「あれ?久美さんってめちゃくちゃ可愛くね?」と。

今度はネタとかでもなくマジで久美さんを応援してみたいと思いました。 でも僕としてはメンバーを推すには可愛いだけではまだ何かが足りないと思いました。
そこで僕は久美さんのブログを読むことにしました。

1周目読み終わった時の感想は
「久美さん、ひょっとしたらバカなのかな?」
でした。
でも、2周目読み終わった時に確信に変わりました。
「あ、久美さんバカだ。」
ここで僕の思ってる「バカ」というのは学力的な話ではありません。 発想というか普段どんなことを考えているのか……

みなさん、お気づきだと思いますが、僕は気づいたら久美さんのブログを2周目してました。 2周目を読んで僕はもっと久美さんを知りたい。 握手したい。おしゃべりしたい。見つめあいたい。同じ空気を吸いたい……と頭の中は久美さんで一杯でした。
こうして、僕は久美さんを好きになりました。

でも、僕はこの「好き」という言葉があってるのか今でもわかりません。
理由はただ一つ。『久美さんに会ったことがないから』
僕は久美さんのことを知ってるようで知りません。
正直、声も微妙なレベルです。 僕が好きな久美さんは画像とブログの内容から創り出された、「僕の作った久美さん」のことなんじゃないかということです。
正直、文字でなんかなんとでも言えます。嘘なんか簡単にかけます。 「ヨッ○ーさんすちぃ」とかでもかけます。

話は軽く逸れましたが僕は久美さんに会ったことがない。というのが「好き」と言っていいのかわかりませんでした。

そんな中、僕の中に飛び込んできたニュースが
「けやき坂(ひらがなけやき)おもてなし会」
です。僕は飛び跳ねるほど嬉しかったです。 まだこの先の運命も知らず無邪気に喜んでました。
しかも、その先には久美さんから手渡しで券が買えて確実におもてなし会に行けるという、僕にとってはスペシャルなイベントが行われることになり、僕はアホみたいに喜んでました。実際はアホなんですが。
意気揚々とイベントに行こうと電車に乗って情報解禁された赤坂に向かってました。
でも、僕が地下鉄に乗って向かってる時には「売り切れ」のお知らせが出てました。その他にも オタクが駅のなかで走って向かってる様子を映したした動画。ど平日の夕方の時間に行けるやつは普段は何してんだ。 行ったやつら全員アホ。 周りの迷惑を考えろ。 500円で得られるのは一時の満足と風評被害
などと、凄まじい言われようでした。
買えなかった、会えなかった悲しさよりも。自分が周りのことを思って行動することができなかったことに対しての悲しさの方が大きかったです。
自分の推しに会えるチャンスがあって、それに行くことが僕は悪いとは思いませんでした。 でも、みなさんの意見は批判的なものばかり。 Twitterや周りの意見だけが全てだと思いません。先ほど書いたように文字ではなんとでも書けると思ってます。
ただ嘘でも悲しかった。

正直、一般応募では無理だと思ってました。
「落ちてもネタになる」とも思ってました。

でも、心は正直です。 シコってもあんま良くはなかったし。WALKMANから流れる「1/3の純情な感情」で涙したりと散々でした。
でも、買えなかっただけでこんなに悲しいわけではありません。
もう一つは「実際は転売によってチケットが余ってる」ということです。

こんな厨二チックなことは言いたくありませんが「あなたが売りさばいたチケットは僕が死ぬほど欲しかったチケットです。」
正直な話、転売されたチケットがひとつも残らず売り切れてくれるなら僕はいいです。なにより、チケットが売り切れずに残った場合が一番悲しいです。
メンバーのブログを読む限り、けやきちゃんは必死にお見立て会に向けて練習を積み重ねてます。
僕が行けない分、他の行ける人に僕の分まで楽しんできてほしい。感動してきてほしい。久美さんの魅力が伝わればいいと思ってます。

転売屋のみなさん、僕の言う事なんか聞かないと思うので「売るな」とは言いませんし、僕が言って直るならもう、やってないはずです。
周りから批判されつづけてなお売るなら、しっかり売りきってください。死ぬほどほしい人に売ってください。 よろしくお願いしますm(*_ _)m


1本の軸がないまま思ったことを書き綴っただけなので、読みにくかったとおもいます。すいませんでした。
それでも自分の思いが書けて悲しさが紛れました。

最後まで読んで頂いた方々ありがとうございました。
まよら~

 

2016-10:22 10:39

 

移行

何故かアメーバブログで投稿できなくなったのでこっち移行します。

何卒