読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久美さん


f:id:wonder_mayo46:20161225091618j:image

僕は最初、このメールが送られてきたら
「クッソwwww 外れたンゴ 久美さんすちすちパワーが足りなかったわwwwww」
とか言えるもんだと思ってました。
もっとネタに出来るもんだと思ってました。

この悲しさを紛らわせる為に初めてブログを書きます。 読みづらいと思いますが、僕の処女作なので多めに見ていただけたらいいなと思います。


f:id:wonder_mayo46:20161225091635j:image

佐々木久美。 1996年1月22日生まれ。 千葉県出身。

まず、なぜ僕が久美さんを好きになったのかから始めます。


僕は最初、ネタとして久美さん久美さん言ってました。 「まだ誰も知らないひらがなけやきを推してる俺かっこよくね?www」というクソすぎる理由でした。
12人いるひらがなけやきのなかで久美さんを選んだのは顔が一番好みだったらからです。

最初は勢いでやってましたが、だんだんと冷静になってきて「あれ?久美さんをなんも知らないのにしったかぶって好きと言ってる俺クソじゃね?」と思い始めました。
普通ならここで手を引くと思いますが、久美さん久美さんと言ってる時に久美さんの画像をひたらすら見続けました。 そんなことをしてるうちにひとつ思うことがありました。

「あれ?久美さんってめちゃくちゃ可愛くね?」と。

今度はネタとかでもなくマジで久美さんを応援してみたいと思いました。 でも僕としてはメンバーを推すには可愛いだけではまだ何かが足りないと思いました。
そこで僕は久美さんのブログを読むことにしました。

1周目読み終わった時の感想は
「久美さん、ひょっとしたらバカなのかな?」
でした。
でも、2周目読み終わった時に確信に変わりました。
「あ、久美さんバカだ。」
ここで僕の思ってる「バカ」というのは学力的な話ではありません。 発想というか普段どんなことを考えているのか……

みなさん、お気づきだと思いますが、僕は気づいたら久美さんのブログを2周目してました。 2周目を読んで僕はもっと久美さんを知りたい。 握手したい。おしゃべりしたい。見つめあいたい。同じ空気を吸いたい……と頭の中は久美さんで一杯でした。
こうして、僕は久美さんを好きになりました。

でも、僕はこの「好き」という言葉があってるのか今でもわかりません。
理由はただ一つ。『久美さんに会ったことがないから』
僕は久美さんのことを知ってるようで知りません。
正直、声も微妙なレベルです。 僕が好きな久美さんは画像とブログの内容から創り出された、「僕の作った久美さん」のことなんじゃないかということです。
正直、文字でなんかなんとでも言えます。嘘なんか簡単にかけます。 「ヨッ○ーさんすちぃ」とかでもかけます。

話は軽く逸れましたが僕は久美さんに会ったことがない。というのが「好き」と言っていいのかわかりませんでした。

そんな中、僕の中に飛び込んできたニュースが
「けやき坂(ひらがなけやき)おもてなし会」
です。僕は飛び跳ねるほど嬉しかったです。 まだこの先の運命も知らず無邪気に喜んでました。
しかも、その先には久美さんから手渡しで券が買えて確実におもてなし会に行けるという、僕にとってはスペシャルなイベントが行われることになり、僕はアホみたいに喜んでました。実際はアホなんですが。
意気揚々とイベントに行こうと電車に乗って情報解禁された赤坂に向かってました。
でも、僕が地下鉄に乗って向かってる時には「売り切れ」のお知らせが出てました。その他にも オタクが駅のなかで走って向かってる様子を映したした動画。ど平日の夕方の時間に行けるやつは普段は何してんだ。 行ったやつら全員アホ。 周りの迷惑を考えろ。 500円で得られるのは一時の満足と風評被害
などと、凄まじい言われようでした。
買えなかった、会えなかった悲しさよりも。自分が周りのことを思って行動することができなかったことに対しての悲しさの方が大きかったです。
自分の推しに会えるチャンスがあって、それに行くことが僕は悪いとは思いませんでした。 でも、みなさんの意見は批判的なものばかり。 Twitterや周りの意見だけが全てだと思いません。先ほど書いたように文字ではなんとでも書けると思ってます。
ただ嘘でも悲しかった。

正直、一般応募では無理だと思ってました。
「落ちてもネタになる」とも思ってました。

でも、心は正直です。 シコってもあんま良くはなかったし。WALKMANから流れる「1/3の純情な感情」で涙したりと散々でした。
でも、買えなかっただけでこんなに悲しいわけではありません。
もう一つは「実際は転売によってチケットが余ってる」ということです。

こんな厨二チックなことは言いたくありませんが「あなたが売りさばいたチケットは僕が死ぬほど欲しかったチケットです。」
正直な話、転売されたチケットがひとつも残らず売り切れてくれるなら僕はいいです。なにより、チケットが売り切れずに残った場合が一番悲しいです。
メンバーのブログを読む限り、けやきちゃんは必死にお見立て会に向けて練習を積み重ねてます。
僕が行けない分、他の行ける人に僕の分まで楽しんできてほしい。感動してきてほしい。久美さんの魅力が伝わればいいと思ってます。

転売屋のみなさん、僕の言う事なんか聞かないと思うので「売るな」とは言いませんし、僕が言って直るならもう、やってないはずです。
周りから批判されつづけてなお売るなら、しっかり売りきってください。死ぬほどほしい人に売ってください。 よろしくお願いしますm(*_ _)m


1本の軸がないまま思ったことを書き綴っただけなので、読みにくかったとおもいます。すいませんでした。
それでも自分の思いが書けて悲しさが紛れました。

最後まで読んで頂いた方々ありがとうございました。
まよら~

 

2016-10:22 10:39