読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

往復運動

最近、自分の推しているアイドルのけやき坂46“佐々木久美”さんのブログを読んでると凄く悲しくなることがある。

 

12月25日のワンマンライブを終わったあとくらいからよく起こる。

 

 

最近、朝井リョウ加藤千恵のANN0をよく聞く。

 

第七回目放送の朝井さんのフリートーク「作家の販促活動」を聞いてる時にこの悲しみが少しわかった気がした。

 

少しややこしいのだが、朝井さんがいきものがかりの武道館ライブに行った時に漫画家の“久保ミツロウ”さんが言っていた「往復運動」という言葉を思い出したらしい。

 

久保ミツロウさんはこう言っていたらしい。

 

YUKIは可愛い」

「私は可愛くない」

YUKIは可愛い」

「私は可愛くない」

 

この往復運動こそがYUKI。と仰っていていたらしい。

 

それを思い出した朝井さんはいきものがかりのライブを見てこう思ったそうだ。

 

「あの人はすごい」

「私は人前で歌えない」

「あの人はすごい」

「私は人前で歌えない」

 

この話を聞いて、僕が久美さんに抱いてるモノもこれなのかもしれない

 

 

「久美さんは可愛い」

「僕はカッコよくはない」

「久美さんはすごい」

「僕はすごくない」

「久美さんはメンバーから慕われてる」

「僕には慕ってくれる人はいない」

「久美さんは何万人の前で笑って踊れる」

「僕は何万人の前では立ち尽くすことしかできない」

「久美さんはアイドル」

「僕は一般人」

「久美さんは……」

「僕は……」

 

僕がどれだけ頑張っても久美さんにはなれない。

 

僕がどれだけ久美さんが好きでも久美さんは僕を好きになることは無い。

 

僕がどれだけ走っても久美さんに追いつくことはできない。

 

今、僕が久美さんにしがみつける方法は久美さんのブログを読むことだけ。

 

僕の久美さんに対する感情は永遠に一方通行

 

久美さんが僕に対する感情などこの世にはない

 

無意識の中であった往復運動が久美さんに対する悲しみなのかもしれない。